段々と大きくなる存在感

東京と神奈川の境目あたりでよく見かける「大桜」。家系ってこともわかってたし、入りやすそうだし、まぁいつでもいいかって感じで今まで後回しになってました。正直そんなに惹かれるものがないけれど、店の前を通るたびに気づかないレベルでの刷り込みが効いている。段々と大きくなる存在感、実際どうなんだろう?ということで、ついに行ってみることに。


Googleマップの評価は現時点で★3.7とまぁ良い点数。クチコミ件数も449件とそれなりに多い。

高評価 ( ^∀^)

  • 「うわさ通りの旨さで、中毒性があります!!」
  • 「月1で行ってます。好みの味です!」
  • 「スープは濃厚で深い味。麺は太麺。チャーシューが厚切り。とても美味しかったです」

低評価 ( *`ω´)

  • 「スープが薄いです…麺に味もからんでないですし…これで800円近い金額を出すのは酷です」
  • 「味が薄い。数ヶ月前は美味しかったのに残念です」
  • 「遅い、高い、不味くて店員の態度も悪い」

ラーメン屋にはあまり見られない家族層からの受けが良さそうですね。あと「スープが薄い」って意見がちらほらあるけど、濃いめで頼んでも薄かったらかなり問題。

ざっくりと地図で店舗を見てみると、国道16号と246沿いに点在しているような感じ。今回はそこからちょっと外れにある町田市野津田店をチョイス。大きな看板でわかりいやすく、駐車場も広いので入りやすい。

店内はカウンターとボックスシートがあり、それなりにキャパシティもある。比較的落ち着いた雰囲気で周囲が気ならないのがいい。壁には格言のような無くてもいいような雰囲気モノの言葉がかけてある。誰か有名な人の言葉なのだろうか?そうだったらスミマセン!

メニューは基本のラーメンに加え、変わった名前のものもあってちょっと気になりますね。「のりちゃったま」1,040円とか「ネギちゃったま」1,100円とか。「ちゃったま」ってのはどうやらチャーシューと味玉ってことみたい。他に「ざくピリ」とか「あかねちゃん」とか、気になるのもあるけど、とりあえず普通の「ラーメン」760円をオーダー。あと「ミニ餃子」もお願いします。

卓上には基本の醤油、酢、ラー油、胡椒とニンニク、豆板醤。

程なくして
「ラーメン」が出てきましたよ!

\トン!/

おお!見た目はザ・家系って感じですね!真ん中には大きめの豚バラチャーシューがのってノリが3枚とほうれん草ね!スープの感じもライトな印象だけど、どうなんだろう?

すぐさま
「ミニ餃子」もきました!

\ポン!/

うーん、まぁ普通!よくある感じ。

早速いただきます!
🙏

まずはスープから、、、ズズ、、、ほほう、思ったより濃厚でクリーミー。全然薄くないし、むしろ豚骨がガツンと効いて、まったりとしたコクがある!すこーしトロリとして良いバランス!家系の良さも出しつつ、万人受けしそうな平均的な味わい!旨い!

麺は角のある中太ストレートで、パツっとした食感。おお!この麺旨い、好きなタイプ!全体的にコッテリ目だけど食べやすい!

チャーシューは柔らかく、口の中でホロホロととろけていく。

ノリと一緒に食べると磯の香りがしてアクセントになる。

んー、、餃子はパサついていてイマイチかなぁ。家系にはやっぱライスだったわ、餃子じゃなくてライスにすればよかった。

いやぁ、旨かったです。普通と言えば普通だけど、バランスが良くてそれなりに満足感があります。コッテリ濃厚なのに脂っこくなくて食べやすい。特に個性や尖りは無いけれど「なんか家系食べたい」みたいな時にはちょうどいい。とにかくフラっと入りやすいし夜遅くまでやってるのもありがたい。ただ、餃子はちょっとアレでしたね。

ラーメン大桜
町田野津田店

〒195-0063 東京都町田市野津田町 2557-5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください