川崎のソウルフードの偽物感

思ってたのと違うってこと、よくあります。ほとんどがそうです。思ってたのと違います。思い込みが激しいのも良くない。てっきりそうだと決めつけて、蓋を開けたら全く違っていた。ということもよくあります。


Googleマップの評価は現時点で★3.7とまぁ悪くない点数。

高評価 ( ^∀^)

  • 「個人的に美味しくいただき、スープ飲み干しました」
  • 「味も最高(*`ω´)b」
  • 「ゴマ担々麺を頼みましたが辛みも少なくて食べやすかったです」

低評価 ( *`ω´)

  • 「旨くない」
  • 「少し薄味のたんたんめん。もう少しやる気出してよ」
  • 「どうにかならないのかな煙草」

など。全体的にはそれほど悪くないといった感じ。


「ニューたんたんめん」といえば川崎のソウルフード「元祖ニュータンタンメン本舗」のことかと思っちゃいますよね。それがまた全然違う!カタカナをひらがなにしてあって全くの別物。近所のスナック「ジャニーズ」くらい別物。これも間違って入ってこい系ですね。もっとも、うまければいいと思いますけどね!

店の外にはたんたんめんのメニュー。なんかちょっと違うな。煮干しらーめん?あ、こっちはらーめんか。そもそも、ここは担々麺屋さんなのか?

お、違うようですね、中華料理屋さんのようですね。それでも「たんたんめん」推しってことはめっちゃうまくて新しいのかもしれない。そうに違いない。

卓上には酢、ラー油、醤油。

店内はちょっとした宴会ができるくらいの広さ。夕方でサラリーマンたちが飲みにくる。ん?「たんたんめん」よりも中華料理の方なのか?

ほどなくして
「たんたんめん(塩味)」が出てきた!
\\\\٩( ‘ω’ )و ////

お、おお、これは、これが「たんたんめん」!?トッピングに水菜、どっさりのきくらげ、どっさりのメンマ、挽肉。なぁに?これ。

早速いただきます!
o(`ω´ )o

スープは塩味であっさりしている。上品というよりも薄ーい味付け。ダシも物足りない。なんだこりゃ!?

全然まずいというわけではない。キクラゲがボテッとでかいまんまどさっと入っているし、匂いも少し気になる。ちょっと臭みがある。臭いなぁ。

具もどっさり入っているんだけど、薄いんですよね。

麺は中太麺でモチモチでコシがない。なんなんだ?この麺は。薄い鍋を食べているような感じ。

メンマの量もちょっと多いと思う。サービス精神は感じるがそもそも味の方が、、、。

ツルツルした喉越しでプニプニのモチモチ。柔らかい麺。

全く思っていたものと違った。新しい担々麺なのかと思ったら全然新しくもなくて。いまだに何だったのかと思う。味がとにかく薄いのが気になりましたね。なんか違うんですよね。

ニューたんたんめん

〒183-0027 東京都府中市本町 1-7-9 KMビル1F

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください