なぜ牛タン定食には麦飯なのか

牛タン屋さんって最近増えてきてる気がする。特に駅ビルとか、モールなどの商業施設に入ってることが多い。焼肉以外の牛タン定食といえば新宿の「ねぎし」を思い浮かべる。とろろとテールスープがついて、ちょっと高めだけど美味しい。八王子の堀内に「辺見」という牛タン焼き屋さんがあったので行ってみました。

Googleマップの評価は現時点で★3.8とまぁまぁの高得点。

高評価👍

「牛タンも柔らかく、つくねも美味しい😋」
「本場の味付けでとても美味しかったです」
「厚切りのタンは最高の贅沢…価格以上の価値があると思います」
「関東に居ながら本場仙台の牛タンが味わえます」

低評価👎

「ないね。本場を味わったことある人は行く価値なし」
「味付け全てがしょっぱくてちょっと残念でした」
「いまいちですね」

などありますが、概ね評価は良いと思います。

場所は野猿街道沿い八王子堀之内あたりで、隣は星乃珈琲店があります。いつも通るたびに「牛タンかぁ」と気になってました。

馴染みがないせいか、牛タン料理についてあまり知らない。牛タンだけで、そんなにバリエーションがあるものだろうか。

入り口のショーケースには牛タンサンプルがずらり。基本は牛タン焼きの定食といった印象。

店内はそこそこ広く、シックな感じで落ち着く。良い雰囲気。

時間的にランチメニューかなってことでみてみると、やっぱり値段は高めですね。「極上厚切りたん焼き定食」の1.5人前なんて2,450円ですからね。ランチの枠を超えてますね。でも食べてみたい!

あぁ、牛たんチューは魅力的。牛たんハンバーグってのも気になる!値段もまぁリーズナブルだし。

散々迷った挙句、ここはやはりランチ限定メニューでしょってことで「サービス牛たん定食」1,150円にします!たんの食べ比べができるみたい。

卓上には塩と七味。

メニューの他に、牛たんの説明書きがありました。なるほど、一口に「たん」といっても「たん元、たん中、たん先」など、それぞれの部位に分かれてるんだ。へぇ。あと「さがり」というのもある。

たん元
牛たん1本からの極わずかしか取れない希少部位。柔らかな食感で脂がのったジューシーな味わいは「厚切り」に最も適しており絶品です。

たん中
牛たんの真ん中部分のお肉です。脂と赤身のバランスが取れており、風味が良く辺見のメニューの中でも1番多くしようしています。

たん先
舌の先の事で、たん元・たん中に比べると味が濃くやや固い肉質です。程よい食感を楽しめる様に薄くスライスしてサッと焼き上げます。

だって!たん元かぁ、この希少部位は是非味わってみたいもの。薄くスライスしたのしか食べた事ないもんなぁ。さっき頼んだランチメニューはたん先なのね。

お茶を入れながらしばし待っていると「サービス牛たん定食」が出てきた!

\👅ドン!/

おお!なるほど、一生懸命盛り上げようという気持ちは伝わるけど、肉が、牛タンが少なく見える!これがランチの悲しい宿命か。キラキラと光る分厚い「たん元」を目にするにはまだ時間が必要な様だ。くっ!

でも、うまそう!よくみると薄くスライスされたものと、多少厚みのある「上たん」がある。まさに入門編って感じ。

なにこのとろろ
透き通ったテールスープ

定食には麦飯、とろろ、浅漬け、食べる味噌、テールスープがついてきます。

ところで牛たん定食ってなぜか麦飯ですよね、気になったので調べてみると、

戦後、仙台のアメリカ軍(進駐軍)が捨てていた、舌や尻尾を日本人が活用した。そのため、牛タンとテールスープがセットになっている。また、食糧難で白飯の代用として麦飯が使われた。

とのことでした。へぇ!勉強になりますね。ちゃんと深い理由があるんですね。

では早速、薄くスライスされた方の牛たんからいただきます!

んん!よく知る味ではあるけど、柔らかい!香ばしさと適度に弾力もあってジューシー!うまー!

そして、上たんの方は、んん!あぁ、全然違う!プリップリでさらに柔らかい!厚みがある分、肉の、舌の旨味がジュワーっと口の中に広がる!厚みがある方がうまいねー!

せっかくなので、ここでとろろを麦飯にかけます。

なんなんでしょうね、このとろろご飯のうまさは。ズルズルして鼻水みたいなのが苦手って人もいるみたいですけど。鼻水にしてはうますぎですよ。

で、気になっていたのが「食べる味噌」。これをちょこんと牛たんにのせてと。

んん!味噌は高菜とニンニクかな、ピリッとして風味が強く牛たんや麦飯によく合う!こりゃいいですね。

透き通ったテールスープの中にもタンが入ってます。あっさりとした中にも奥行きがあって出汁の旨味が出てます。

浅漬け

それにしても牛タン定食の特異性というか、歴史的な背景もありつつ、バランスが良く取れている様にも思います。確かに牛タンが主役ではありますが、その脇を固める麦飯やらとろろやらスープが個性的でいい味出してますよね。

やっぱりどうしても本場の牛タン定食が食べてみたい!

仙台牛タン焼辺見 八王子堀之内店

〒192-0355 東京都八王子市堀之内2丁目2−9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください