あの満洲のキャラクターの名前はランちゃんで年齢は11歳、モデルは池野谷社長!?

ぎょうざの満洲とか、王将、リンガーハット、日高屋、東秀とかこの辺の餃子のレベルというか、餃子定食があるとことか、大体一緒だと思ってますが。あとバーミヤンか。中国人系の中華にある餃子定食とは一線を画している感じ。ジャパニーズ中華の独特の文化と言いましょうか。


Googleマップの評価は現時点で★3.7とまぁ、普通というか、悪くは無い点数。

高評価 ( ^∀^)👍

  • 「ここの満洲のチャーハンは美味しい」
  • 「家族で食事ができる店」
  • 「うまい❗安い💴✨👛」

低評価 ( *`ω´)👎

  • 「お客様の対応に不愉快な思いをしました」
  • 「正直あまり美味しくないので残念」
  • 「Staff service was terrible, restaurant was dirty」

この手の店は、いわば雑な大衆食堂なので賛否も分かれますね。安くて助かりますよ。

「生ぎょうざの特売日」ってのがあるんですね。毎週火曜日と金曜日なんだ、へぇ。通常320円が255円とお得です。

店内は思ったより広めで、席は置けるだけ置いてある感じ。全てのテーブルの上には注文用のタッチパネルが設置してある。

迷わず「焼餃子とライス」410円をチョイス。やすっ!

健康に気を使ったり、カロリー減らしたり企業努力してます。

卓上には基本の酢、ラー油、醤油、コショウがある。ここはオリジナルの餃子のタレみたいのはないんですかね。

あぁ、これが生ぎょうざね。そういえばレジの前には生ぎょうざをテイクアウトのお客さんが並んでる!特売日は安く満洲の餃子を家で食べられるんだ。

ところで、このチャイナ服を着た女の子のキャラクター。トラックにも印刷されているこのマスコットキャラクターは一体何なの?

調べてみると、ふむふむ何々?名前はランちゃんで年齢は11歳と。子供だったんだね。モデルは池野谷社長だって!?

でもって謎の「3割うまい」の意味は他店より美味さ3割増の意味だったんですね!知らなかったし、気にもしてなかった。

そんなこんなで
「ぎょうざ定食」が出てきました!
\\\\٩( ‘ω’ )و ////

おお!!シンプル〜!シングルだと余計に。でもそこがいい!ぎょうざ定食はただひたすら餃子で白飯を食うのみ。スープと漬物が付いて410円ですよ!

焼き目もうまそうじゃありませんか!

では早速いただきます!
o(`ω´ )o

まずは何もつけずにそのまんま。純粋に餃子の味を楽しみます。

んん!!薄皮でジューシー、豚の旨味が口の中に広がる。優しい味わい。皮が薄いのがまたご飯との相性が良くていいですよね!

酢につけて食べると、豚のまったりさが抜けてさっぱりします。

漬物が単純な動きにアクセントをつけてくれる。

この中華スープも、わかめが入って。わかめスープですね、よくあるやつ。

やっぱり焼きたての美味さ。パリッと焼けた部分とプリッとした蒸しあがった皮の感じ。熱々の餡が肉汁と共に溢れてくる。ニンニクがパンチを出している。めっちゃうまい!

王将とも結構似てると思うけど、違いがよくわかってない。

それにしても公式サイトが古い!企業理念のページではいきなり社歌が鳴り出したりと、ツッコミどころ満載!

ぎょうざの満洲 聖蹟桜ヶ丘駅前店

〒206-0011 東京都多摩市関戸 1-11-9 桜ヶ丘富澤ビル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください