あごが落ちるほど美味しいあごだし

濃厚焼きあご煮干し…なんて甘美な響き。最近ちょこちょこ目にする「焼きあご煮干し」。調べてみると東十条の名店「ほん田」がプロデュースする「麺処 景虎」が運営しているようです。分倍河原の「碧猫」はめっちゃうまかったので必然的 … “あごが落ちるほど美味しいあごだし”の続きを読む

濃厚煮干しそばを擬人化するとしたら剣豪で細身の侍とかじゃない?

群雄割拠のラーメン戦国時代。まさに新たな時代に突入しているのを感じる。ラーメンは多様化し、さまざまなブランドやシステム、業態などが乱立している。目まぐるしく日々刻々と変わるラーメン勢力図。この動きを誰か擬人化してくれない … “濃厚煮干しそばを擬人化するとしたら剣豪で細身の侍とかじゃない?”の続きを読む

鬼を喰らう!

この記事が上がる頃にはもう終わってしまっていると思うが、あの「山岡家」が期間限定で「鬼煮干しラーメン」をやってる。煮干し最高!ニボニボしたい!山岡家の煮干しらーめんってどんな感じなんだろう。興味津々! Googleマップ … “鬼を喰らう!”の続きを読む

限定山椒咖喱つけ麺

小川流といえば町田の本店を初め、八王子、相模原などに展開しているチャーシューがめっちゃうまいラーメン屋さん。もちろん「ラーメン」や「つけ麺」もめっちゃうまい。店舗によって豚骨だったり、煮干し、醤油豚骨など、それぞれ味が違 … “限定山椒咖喱つけ麺”の続きを読む

ピンクグレープフルーツと碧い猫

ラーメンと映画、音楽の話などはなかなか共感が得られない。主張をぶつけ合って喧嘩みたいになるのも馬鹿馬鹿しい。オススメを聞かれたとしても軽く流すようにベタな名前をあげる。或いは相手の好みに合わせて同調しつつその場をやり過ご … “ピンクグレープフルーツと碧い猫”の続きを読む

カルディにあるようないい袋麺というか

何かと話題のムタヒロ。国分寺を中心に展開している中華そば屋さんの印象ですが、韓国とかベトナムとかにも進出してるんですね。驚き!ポップで個性的な雰囲気のムタヒロ。拝島に新しく「鶏そば」の店ができてたってことで行ってきました … “カルディにあるようないい袋麺というか”の続きを読む

フラっと立ち寄った中華そば屋で思わずなつかしの味に出会った感じ

中華そばたべたいなぁ。さらっと、あんまりガッツリ、こってりしてない、ちょっと小腹がすいたなぁって時にちょうどいいのが「中華そば」。「支那そば」なんて言い方もします。「昔ながらの東京ラーメン」とかいうのもよくあるけど、あれ … “フラっと立ち寄った中華そば屋で思わずなつかしの味に出会った感じ”の続きを読む