壱発洗脳完了

Googleマップの評価は現時点で★4.0とかなりの高評価。しかもクチコミ数が700件以上あるので相当高い。高評価の内訳は「味が良い」「店員の接客が良い」「中毒性が高い」「有名店である」など全体的にかなりの好印象。一方で、低評価も少なからずある。「味が変わった」「不味い」「スープがぬるい」と味そのものが苦手な人も中にはいるようです。いずれにしても、リピーターも多く八王子では長くソウルフードとして親しまれている。

時間帯が夕飯時ということもあって、学生さんや現場終わりの職人さんで混み合っていた。

店内は基本的にカウンター席で、窓側にもカウンターがある。とりあえず券売機で「ネギラーメン醤油」¥750を購入。

卓上にはラーメンショップではおなじみのでかいおろしニンニクと辛味噌の豆板醤。高菜や胡椒もある。他には味変用の「特製 壱発の酢」というのがある。

ほとんど待たされることなくラーメンが出来上がった。早い。器には「壱発」と書かれている。トッピングは山盛りのネギ、チャーシュー、海苔、わかめ、メンマ。表面にはうっすら背脂が浮いている。

スープは豚骨ベースの醤油ダレ。ラーメンショップはそのスタイルから「家系」だとも言えるが、味は塩味が強く別物の印象はある。おそらく、お客さんの傾向に合わせて塩味が強くなっているのだと思う。その分、麺や背脂が甘く感じる。

麺は加水率の低い中細ストレート。食べやすく、ボソッとした食感で味のある麺。うまい。壱発ラーメンは「麺」がとにかくうまい。

チャーシューは赤みのある肩ロース。口の中でホロホロとほどけるように崩れる柔らかさ。濃い目の味付け。

こんもりと盛られた白髪ネギはごま油のタレに絡めてある。麺と一緒に食べると一際、風味が引き立つ。シャキシャキとした歯ごたえもアクセントになっている。ライスにのせたら相当うまいんじゃん。

メンマは太めのスライスでネギとは違うシャキシャキとした歯ごたえ。これは普通。

少し食べ進めたところで「にんにく爆弾」投入。豆板醤や高菜も加え、徐々にジャンキーさを増していく。

また「特製の酢」を加えると少し乳化してドロ〜っと粘度のあるスープに変化する。味はマイルドになる。はぁ、うめえ!もうこの頃にはビシッと脳に焼き付いて壱発洗脳が完了している。数時間経つとまた無性に食べたくなる中毒性の高いラーメン。

壱発ラーメン 八王子本店

〒192-0903 東京都八王子市万町19−1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください